忍者ブログ
キャッシング情報
[6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

流動性・・・
定期性預金なのでいわゆる流動性がなく、解約時には中途解約利率が適用されるため不利。

【日経ネットマネー&マーケットより】

りそなカード
PR
相場格言は相場で苦労した昔の人たちの血と汗と涙と数々の経験から生まれた知恵の結晶です。相場に迷ったら、相場格言を思い出し、株式投資に活かすことをお勧めします。

 「いのち金に手をつけるな」
 株式投資は余裕資金で行うべきで、損したら困るようなおカネで株式投資を行うと、後で困ることになるということです。

 「人の行く裏に道あり、花の山」
 みんなと同じことをやっていたのでは儲かりません。みんながやらない(やれない)ことをやれば、大きな利益を得ることができます。

 「二度に買うべし、二度に売るべし」
 チャンスと思っても、一度に目一杯買ったり売ったりせず、何回かに分けて売り買いを行う方がよい結果が出やすいということです。ここが底と考えていても、そこからさらに大きく値下がりすることもあるのです。

 「三割高下に向かえ」
 買い値から3割値上がりしたらひとまず利食い(利益確定売り)、高値から3割値下がりしたら買ってみるということです。売り買いのタイミング、目標値などについて迷ったら、この相場格言を思い出せばよいでしょう。

 「頭としっぽはくれてやれ」
 最安値で買い、最高値で売るなどと欲張ったことを考えずに、ほどほどの利益に満足して確実に利益を確保することに専念しましょう。

 「名人、天井売らず、底買わず」
 相場名人は天井(最高値)を売ろうとしたり、底(最安値)を買うような、不可能なことには挑戦しません。できるだけリスクの少ない安全な方法で投資して、確実に利益を上げていくことに徹しましょう。

 「売りは早かれ、買いは遅かれ」
 買うことはいつでもできるため、急がず、じっくり研究してからでもよいが、売り(利食い売り、損切り)のチャンスは滅多にこないため、チャンスが来たら早く売った方がよいということです。

 「小回り三月、大回り三年」
 小さな相場は3カ月程度、大きな相場は3年ほどで相場の流れが変わることがよくあります。

 「山高ければ谷深し」
 大相場で株価が大きく値上がりした後ほど、下げ相場になった場合の下げ幅も大きくなります。

 「休むも相場」
 常に相場(株式投資)に参加していると、相場がわからなくなったり、大暴落に見舞われたりしがちです。相場がわからなくなったり、相場環境が悪くなった場合には、持ち株を処分(売却)して株式投資から手を引き、相場の行方を見守ると、相場のことがよくわかることがあります。

 「見切り千両」
 買った銘柄が予想に反して大きく値下がりし、まだまだ値下がりしそうな場合には、思い切って早目に売却した方が損を少なくすることになります。この決断・実行ができる思い切りのよさが大事です。

【日経ネット マネー&マーケットより】

jcb カード
株価は景気の大きな影響を受ける一方で、景気に対して少なからぬ影響を与えています。その関係を見てみましょう。
 金融機関や事業会社、年金基金、個人などは、資産の一部を株式で運用しています。
 株価が上昇すると、資産運用で大きな利益が発生するため、金融機関や事業会社の資金繰りが楽になります。また、株式の含み益は利益として処理されるため、業績も向上します。年金基金が資産運用に失敗して、巨額の損失が発生すると、企業はその損失を穴埋めしなければならず、業績に悪影響を与えますが、株価上昇で年金の資金運用がうまくいくと、企業は損失の穴埋めをしなくてもよくなるため、業績に好影響を与えます。
 企業業績が向上すれば、企業は雇用を増やしたり、設備投資を積極的に行うようになり、景気に好影響を与えます。
 また、個人も保有する株式が値上がりして、利益が発生すると、資産が増えるため、購買力が高まり、高額商品などの買い物が増え、景気にプラスの影響を与えます。
 このように、株価上昇は企業の設備投資や個人消費を刺激し、景気をよくする働きがあるのです。
 景気がよくなれば企業業績はさらによくなります。それがさらに株価上昇を促進し、株価上昇が企業の設備投資や個人消費をさらに刺激して、景気をさらによくする。それがさらに株価を刺激して――というように、景気と株価はお互いに影響しあって、日本経済を支えているのです。
 それだけに景気と株価がお互いに足を引っ張り合う関係になると、大変なことになります。景気が悪化し始めると、それを先取りする形で株価が下落します。
 株価が下落すると、企業の業績が悪化し、設備投資を控えるようになります。個人も資産価値が目減りするため、消費に慎重になり、個人消費が冷え込みます。それが景気や企業業績の足を引っ張り、景気や企業業績はどんどん悪化します。それがさらに株価下落を加速します。
 このように、株価は景気のバロメーターの役割を果たすだけでなく、景気に強い影響を与え、景気を後押ししたり、景気の足を引っ張ったりする、いわば持ちつ持たれつの関係にあるのです。

【日経ネット マネー&マーケットより】

オリコのカードポイントはここ
換金性・・・
原則として1年経過後は換金が可能だが、国が買い取りの際に差し引く手数料には要注意。

【日経ネット マネー&マーケットより】

SBIカード
近年、世界的に、持株会社等を利用して、銀行、証券会社、保険会社等、異なる業種の金融機関とそれらの関連会社を含む巨大な金融グループが形成される事例がみられます。これらのグループのことを、一般に、「金融コングロマリット」と呼んでいます。
このような金融グループが形成される目的は、多様な金融サービスの提供、大型化・兼業化による経営の効率化や金融商品開発力の向上等にあるとされています。例えば、一つの支店で、同じグループ内の異なる業種の金融機関が提供する様々な金融商品がより低い手数料で購入できるようになったり、それぞれの金融商品開発力が相まって、画期的な新商品が提供されるようになれば、利用者にとってメリットがあります。一方、課題として指摘されているのは、異なる業種の金融機関を保有することで、リスク管理が複雑になったり、グループ全体としての経営管理が難しくなったりする懸念です。
このように、金融コングロマリットにはプラス、マイナスの両面があると考えられますが、欧米を中心にこうした方向性は強まっており、国際的には、監督のあり方等の面から議論がなされています。こうしたことを受けて、わが国でも現在、金融庁において「金融コングロマリット監督指針」の検討が進められています。

【MOREBANKホームページより】

mastercard


忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[07/10 「キャッシング比較」管理人]
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索