忍者ブログ
キャッシング情報
[1] [2] [3] [4] [5]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

GMOPG、ドンキホーテのグループ会社と業務提携
[東京 25日 ロイター] GMOペイメントゲートウェイ <3769> は25日、ドン・キホーテ <7532> のグループ会社ドンキコム(東京都江戸川区)と業務提携で合意したと発表した。
 ドンキコムの商品の仕入れや配送に関するノウハウとGMOペイメントが持つクレジットカード決済機能を融合させ、ネットショッピングでの商品の仕入れから代金決済・回収までワンストップで処理できるサービスを提供していくという。

【ヤフーニュースより】

GMOインターネット証券
PR
カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld,1938年9月10日 - )は現FENDI・CHANELデザイナー。ファッションデザイナーの他に、写真家としても高名である。

【フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より】

シャネル
VAIO×ケイト・スペード、おしゃれなパソコンバッグ

「パソコンバッグ=地味で無骨で黒一色」という常識を打ち破ったのが、米国のファッションブランド「ケイト・スペード」だ。ピンクや緑のカラフルなバッグをこの春、店先に並べた。ソニーのパソコンブランド「バイオ」と共同開発した。パソコン使いの女性にはうれしいこの商品を企画したソニーVAIO事業部門企画部の中根麻衣子さんに「女性が持つおしゃれなパソコンバッグ」を作ったわけを聞いた。

【日経ニュースより】

クロエ
第59回「“ゼロ%物価目標政策”の帰結」(2007/05/10)
 「日本銀行は物価上昇率をゼロ%にすることを目標にしている」と私が小さな会合で述べて以来、「ゼロ%物価目標」という言葉を様々なところで見聞きするようになった。そこで、日銀の政策目標がゼロ%物価上昇率であるのか、日銀がゼロ%物価上昇率を目標とすると何が起きるのかをきちんとした形で説明しておきたい。


日銀は実質的にゼロ%物価目標政策を採用している


 図は、政府や日銀が重視している「生鮮食品を除いた消費者物価」の前年同月比上昇率と金融政策を示したものである。これを見ると、物価上昇率が少しでもゼロ%を上回れば、日銀が金融引き締めの方向に動いてきたことが分かる。


 日銀は2003年から2004年1月にかけて量的緩和の誘導目標(当座預金残高)を上げていったが、このとき物価上昇率はマイナスだった。2006年に入って物価がおおむねプラス基調に転じると、3月に量的緩和を解除し、さらに7月にはゼロ金利政策を解除した。


 2007年2月の追加利上げは特に積極的だった。2006年から物価が強含んだのは原油価格高騰の影響である。図に見るように、エネルギー価格を除いた消費者物価は一貫して前年同月比マイナスだった。原油価格の影響がなくなれば、消費者物価上昇率が水面下に沈むことは容易に予想できた。そのような時に日銀は金利引き上げに踏み切り、利上げ後、物価上昇率は再びマイナスになった。


 物価上昇率がほとんどゼロであり、今後上がる可能性ではなくて下がる可能性があるときに、日銀が金利を引き上げたということは、日銀の金融政策の目標が物価上昇率をゼロ%にする、すなわち、ゼロ%物価目標政策を採用しているということだ。日銀はもちろん、物価目標政策など採用していないと主張するだろうが、その言葉でなく行動を見れば、ゼロ%物価目標政策を採用しているのは明らかだ。


 その結果どのようなことが起きるだろうか。


【日経ニュースより】

経済学
学生援護会(がくせいえんごかい)は、かつて存在した日本の出版社である。現在は吸収合併され、株式会社インテリジェンスとなっている。

1956年に東京都・九段で、地方から上京した学生の生活支援をおこなうことを目的とした団体として設立され、1958年に機関新聞『学生タイムズ』を創刊した。その後1967年に、日本で初めてのアルバイト情報誌『アルバイトニュース速報』(現、an首都圏版)を創刊する。その後、全国展開し、就職情報誌も発行、付随する業務を拡大している。特に1980年代には牛の「ヨシダ君」をCMに起用したことや、1991年にはシーナ&ザ・ロケッツが「職業選択の自由」と歌う『憲法22条の歌』のテレビコマーシャルでも話題になった。

しかし、ウェブサイトやフリーペーパー(無料誌)の普及で、販売用の雑誌の売れ行きが下降気味となる。そこで、2005年9月に、このような経営環境の変化に対応して事業拡大するために、赤嶺紀彦代表取締役社長(当時)ら経営陣がアメリカ合衆国の投資ファンド会社「カーライル・グループ」と共同してMBOを実施し、カーライル・グループが学生援護会とグループ企業16社の株式を全部買い取った。

MBO実施の当初は、2007年秋に株式上場する計画であったが、2006年3月15日に総合人材サービス会社の株式会社インテリジェンスとの合併を決定。まず3月31日に、学生援護会の発行済み株式40.1%をUSENが取得(インテリジェンス創業者で会長の宇野康秀はUSENの現社長)。7月1日にインテリジェンスと合併のうえ、USENのグループ会社になった。

【フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より】

DODA

コープデリ


忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[07/10 「キャッシング比較」管理人]
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索